前へ
次へ

学習塾もITの時代、変化する、その内容とは

現在、学習塾の中には、ITを取り入れた内容が増えている傾向にあります。
学習自体に関わりはありませんが、生徒の入室管理をITで管理している塾も増えています。
その状況を、保護者にメールで伝える内容でもあり、事故などの安否確認にも貢献しているのです。
学習塾における実際のIT活用の中には、プロジェクターを活用している塾もあります。
ホワイトボードなどよりも大きく扱えるため、生徒同士の妨げを無くすことができるでしょう。
従来の学習塾では行いにくい、動画を使っての授業も行いやすく、より細かに説明ができます。
人は、静止している内容よりも動きのある内容に注意が向きやすいため、学習の効果を高められる場合もあるでしょう。
ITを取り入れている学習塾の中には、各々の生徒にタブレット普及し、ネットで繋げている姿もあります。
他の生徒の内容を、生徒同士が見られる状態であり、自分自身が間違っている内容に対して気づきが現れやすくなっています。
これは、仲間意識も高まりやすく、しっかりと学習する意欲を高めてくれるかもしれません。

Page Top