前へ
次へ

プログラミングは、学習塾で、その理由とは

小学生の授業の中に、プログラミングの授業が始まろうとしています。
これは、実際にプログラム言語を学ぶのではなく、発想力を鍛えるため、その考え方を学ぶ内容です。
プログラミングは、それを専門とした学習塾で学ぶのが望ましく、現在の小学校の先生に任せられない話です。
なぜならば、小学生の先生は、先生になるために、普遍的な教育内容を学んできたものであり、意外性のある発想力が弱くもあるためです。
プログラマーになる目的ではなくても、学習塾に通わすと、様々な効果が期待できます。
プログラムは、先に行いたい内容を頭で考え、それに必要なプログラムを組み立てていきます。
必要なプログラムは、自分自身で探す姿も現れやすく、学習塾に通わす力ともなります。
これは何もプログラムに限らず、目的を達成するには、何が必要なのかの知識を求める姿も現れやすくなるでしょう。
プログラミングの学習塾は、自分自身で考える力を養いやすく、社会に出れば新たな物を生み出してくれる力ともなるはずです。

Page Top